🌀ぐるぐるねこ男ブログ🌀

ぐるぐるねこと一緒に暮らしている男の雑記ブログです(月・木曜日に更新)

カッコいい大人

ぐるぐるねこ男

「親の背を見て子は育つ」ってその通りかもしれません。最近うちの子が早朝の山道散歩をするようになりました。僕は毎朝、近所の山道を1時間くらい散歩する習慣があります。休みの日は1時間半くらい歩いていますが、雨の日や体調が悪い日以外は毎日この習慣を続けてきました。そんな僕の姿をずっと見続けていたうちの子ですが、今年の4月に入ってから急に早朝散歩を始めました(そして継続しています)。それまですごい寝坊助でだらしなかったのですが、早朝散歩を始めてからは見違えるように規則正しい生活をするようになりました。これって「親の背を見て子は育つ」の典型じゃないかなあって思います。

 

僕自身の子供時代を振り返ってみても、やっぱり「親の背」を見て育っていたと思います。僕の両親は中卒で、学歴もお金もありませんでしたが、本当によく仕事をしていました。休みの日もほとんどなくて深夜まで働いていることもよくありました。そんな両親の仕事に対する姿勢は、一緒に生活していれば自然と目に入ってきます。そしてそれが僕にとっての「当たり前」の風景だったので、僕自身も「一生懸命、仕事に取り組む」ことが当たり前になりました。

 

 

 

「良い習慣を身につける」ことは、いろんなことで成功するために一番大切なことだと以前から書き続けてきました。早朝に山道を散歩することが世間一般的に「良い習慣」なのかどうかはわかりませんが、少なくとも僕は「良い習慣」だと実感しています。鳥の声を聴きながら新緑の中を歩いていると、頭の中がスッキリと整理されてきます。新しいアイデアが浮かんできたり(ブログのネタは散歩中に思いつくことが多いです)、体力維持やダイエット効果も抜群です。

 

医学的なことになりますが、早朝時の人体って”低血糖”状態なので、朝食前に散歩などの有酸素運動を行うと、エネルギーを作り出すために脂肪を燃焼してくれます。この早朝の散歩と、夕食前の自重だけを使った5分程度の筋トレで、病気なんか一切せずに健康と比較的若々しい(?)体形を保つことができていると自覚しています。いずれにしても常日頃から「親の背を見て子は育つ」という意識を持って、少なくとも子供に見られて恥ずかしくない生き方をしなければならないし、「あんなカッコいい大人になりたいなあ」と思ってもらえるような生き様を見せた方が良さそうです。

 

 

 

早朝から1時間くらい山道を散歩をし、出勤前にシャワーを浴びて清潔感を身にまとい、出勤中の車の中では大好きなジャズを聴き、仕事は定時できちんと終わらせてサクッと帰り、夕食の準備や家事をテキパキこなし、夜は難しそうな本を読んだりしている姿を見せるのが、今僕にできる精一杯の「カッコいい親の姿」かもしれません(笑)

 

休みの日には子供のパソコンルームとして使われる僕の書斎ですが、常に整理整頓して綺麗にしています。本はきちんと並べられ、埃一つない部屋にし、机の上も整然と片付いていて、PCモニター上のフォルダーやアプリの位置にも気を配っています。自分の部屋の片付けが苦手な子供には、親自らが片付けの素晴らしさを実践し、整理整頓片付けの素晴らしさを見せてあげることが効果があると思います。親として子にできる一番の教育は、自分自身が「かっこいい大人」であり続けることなんじゃないかなあって思いました。

 

f:id:guru2-neko-otoko:20220227110408j:plain

それではまた^ ^