🌀ぐるぐるねこ男ブログ🌀

ぐるぐるねこと一緒に暮らしている男(医師)の日記

栄養補助飲料「CP10」に美容効果あり!?褥瘡(床ずれ)患者さんのお肌がツヤツヤになった話

先日、病棟の看護婦さんと褥瘡(床ずれ)の患者さんの話をしていた時に、ちょっとしたことから”お肌の話”になりました。褥瘡の治療目的に患者さんに飲んでもらっている栄養補助飲料の「CP10」のおかげか、その患者さんのお肌がツヤツヤになったとのことです。その看護婦さんとの実際の会話を再現します。

 

***

看護師「そう言えば先生、最近入院患者さんの褥瘡の治療で使っている”CP10(シーピーテン)”っていう飲み物のこと知っていますか?」

 

僕「いや、知らないよ。その飲み物がどうしたの?」

 

看護師「えー!先生知らないんですか!?今ね、うちの看護師の中で結構話題になっている飲み物なんですよ!」

 

僕「そうなの?全然知らなかったよ。でもそのCP10って飲み物がなんでそんなに話題になってるの?」

 

看護師「そのCP10を飲んでいる患者さんのお肌がツヤツヤになってきてない?ってことで、私たちの中で結構盛り上がってるんです!」

 

僕「へぇ〜、そうなんだ。でも褥瘡の治療に使っているくらいなら、お肌の健康にもいいかもしれないよね。理屈に合っていると思うよ」

 

看護師「ですよね!だから私たちもみんなで一緒にCP10を買って飲んでるんです!」

 

僕「えっ!?本当に買ったの?」

 

看護師「本当に買って飲んでますよ〜!お肌がツヤツヤになるか、試しに飲んでるんです♪」

 

僕「そう言えば、みんな最近なんか肌が綺麗になってきたような気がするかも…」

 

看護師「でしょ!先生ってやっぱり見る目ありますよね〜!先生が褒めてくれたってみんなにも言っときます!」

 

僕「あ、うん…ありがとう…(苦笑)」

 

***

こんな感じの会話でした。看護師さんたちがみんなでまとめて箱買い(=大人買い)をしたみたいなので、僕も一本だけおすす分けしてもらいました。冷やして飲んだ方がおいしいということで、自宅の冷蔵庫で冷やして飲んでみましたが、意外と飲みやすくて美味しかったです^ ^

 

CP10

 

ところで「褥瘡(じょくそう)」とは、俗に「床ずれ」とも呼ばれている皮膚異常のことですが、寝たきり状態になった高齢患者さんの腰やお尻、踵などにできます。寝たきりの患者さんは自分で体を動かすことができなくなるために、皮膚が自重で圧迫されて血流が悪くなります。そのため十分な栄養や酸素が行き届かなくなり、皮膚組織が壊死したり潰瘍ができて褥瘡となります。

 

もし褥瘡ができてしまった場合は、皮膚組織への栄養量を増やす必要があり、基礎代謝量の約1.5倍のエネルギー量が必要になると言われています。そして皮膚を再生させるための材料として、コラーゲンなどのタンパク質やビタミン、ミネラルを十分摂取する必要があるのです。これらのすべての栄養素が十分に含まれているのが「CP10」なのです。なので褥瘡治療だけでなく、美容効果も期待できるのは医学的にも納得がいきます。

 

「いつまでも美しい肌を保ちたい!」という女性だけでなく、「ずっと若々しい肌を保ちたい!」という男性にとっても「CP10」はとても優れた栄養補助飲料になると思います。お肌の悩みを抱えている方は一度試しててみても良さそうですね。Amazonでも購入することができるので、気になる方は是非一度ご覧ください^ ^

 

 

*****

<本日のブッダの言葉>

愚かにも、悪い見解にもとづいて、真理に従って生きる真人・聖者たちの教えを罵るならば、その人には悪い報いが熟する。ーーカッタカという草は果実が熟すると自分自身が滅びてしまうように。

『ブッダの真理のことば 感興のことば』中村 元 訳より

f:id:guru2-neko-otoko:20220227110408j:plain

それではまた^ ^