🌀ぐるぐるねこ男ブログ🌀

ぐるぐるねこと一緒に暮らしている男(医師)のゆる〜い日記

ファミレスで遭遇した金髪クレーマー家族

ぐるぐるねこ男

 

先日の夜、3年ぶりに家族でファミリーレストラン(以下「ファミレス」)に行った時の話をしようと思います。我が家は外食をすることがほぼ皆無の家庭なのですが、うちの子が「敬老の日なのでおじいちゃんをファミレスに連れて行ってあげたい」と言い出してしまったため、僕はあまり気乗りしなかったのですが、家族でファミレスへ行くことになりました。

 

子供の習い事が終わってからということもあり、ファミレスに到着したのは夜の9時頃で、店内はかなり空いていました。少し広めの禁煙席を選びました。嬉しそうにメニューを選んでいる子供の姿を見ていると、たまにはファミレスも悪くはないかなあという前向きな気持ちになってきました。しかし、そんな気持ちも一瞬で吹き飛ぶような事件が起きてしまいました。

 

ぐるぐるねこ男

 

注文を終えたくらいのタイミングで、僕たちが座っていた隣の席に、とても賑やかな人たちがやってきました。それはスーパーサイヤ人のような金髪をした若い夫婦(おそらく10代)と、まだハイハイしかできない赤ちゃん、そしてその金髪夫婦の友人と思われる若い男性(この人も金髪)の四人組でした。そして席に着くなり、その赤ちゃんをテーブルの上にハイハイさせて、金髪三人はまわり(主に我が家)のことなんて全く気にすることなく、大声で談笑し始めたのです…。

 

「やれやれ…これだから夜のファミレスってところは…」と思ってしまいましたが、なるべくその人たちのことは気にしないようにして、自分たちの会話に集中することにしました。ところが席について5分も経たない時に、いきなりその金髪夫婦が店員さんを呼び出して大声で怒鳴り始めたのです。

 

金髪夫婦:「おい!ちょっとあんた!子供に離乳食を食べさせたいから、店の鍋で離乳食(レトルト)を温めてきてくれや」

 

店員さん:「お店の衛生管理上問題になるので、お客様の料理を作る鍋でレトルト食品を温めることはできないんです」

 

隣で聞いていて「まあ、それはそうだよな…」と思いました。大きな声で怒鳴り散らす金髪クレーマー夫婦に対して、実に誠実な態度で対応する男性店員さんを心の底から応援していました。うちの子は冷めた目でその争いを眺めていました。すると突然、三人目の金髪マンが店員さんに向かって怒号を浴びせたのです。

 

金髪3号:「なんだぁこいつ!?クソがぁ!もう帰るわっ!!」

 

と叫ぶなり、座席の上に土足で立ち上がり、赤ちゃん用に備え付けていた椅子をテーブルの上に叩きつけて、もう一度吠えたのです。

 

金髪3号:「店長だせやぁ!こらぁあっ!!」

 

出た。アホな人間の定番セリフ「店長出せ」がこんなところで聞けるとは…。

その金髪三人組はドリンクバーでジュースを飲み始めていて、しかも三人分の料理(最初のスープには口をつけている)を注文しているにも関わらず、店の奥から出てきた店長らしき人にさらに怒号を浴びせ、無銭飲食のまま堂々と店を出て行ってしまったのでした。そして店の外でも大声を上げ、黒のワンボックスカーで駐車場を後にしました。

 

 

 

***

「お客さま」という優位な立場を利用して、自分たちの鬱憤をはらすようなタイプの人間とは絶対に関わり合いたくありません。こんな人間もいるんだ…ということで、うちの子供にとっては社会勉強になったと思います。「やっぱり家でご飯を食べる方がいい」って言ってましたから(笑)

 

僕は自宅で旬の食材を使った料理を作り、好きなお酒を飲み、好きな音楽を聴きながら家族で団欒する方が好きです。夜のファミレスなんかよりも圧倒的にコスパも高いです。しかし僕の身近な人間にも「お金がない、お金がない」っていつも言っている割には、ファミレス、コンビニ、タバコやパチンコなどで無駄遣いをしている人もいます。

 

ちょっとした心がけで、人生は良い方へ向かうこともあれば、反対にとことん悪い方へと落ちてゆく場合もあります。自分なりに「正しい感覚」を身につけて、どんなことが起きても「正しい生き方」ができるようにならなければと思います。「バカは死ななきゃな治らない」ってことはないはずだ(=治療可能である)と信じたいものですね^ ^

 

ぐるぐるねこ男

 

f:id:guru2-neko-otoko:20220227110408j:plain

それではまた^ ^