🌀ぐるぐるねこ男ブログ🌀

ぐるぐるねこと一緒に暮らしている男(医師)のゆる〜い日記

毎月投資に使える金額の目安

今月も給料日がやってきました。僕は毎月135万円(ボーナス無し)の給料で、週4日勤務の契約で働いています。いろいろ引かれて手取り95万円くらいです。また有給休暇をフルに取得することができるので、実際は週3.5日くらいしか働いていません。住宅ローンの全力返済を行なっていたので、預金残高は毎月10〜20万円くらいでした。幸いにも住宅ローンを完済し、しかも米国株が大暴落していることもあり、いよいよ本格的に株式投資を始めるチャンスに恵まれています。

 

そこで毎月どれくらいのお金を投資の資金として使えるかを計算してみることにしました。今回の記事は完全に自分用のメモ記事なので、「そんなの興味ねえよ!」って方はずっと前に書いた刺激的な記事「夜の救急外来の患者さんにドキドキした話」でも読んでいただけたら嬉しいです。さて今までの家計簿を参考に、一ヶ月どれくらいのお金が必要なのかをざっくり計算してみました。

 

✅ 毎月の支出(平均)

・生活費:215,000円

・クレジットカード:275,000円

・奥さんの保険:140,000円

・iDeCo:23,000円

ーーーーーーーーーーーーーーー

 合計:653,000円

 

結構な金額になりましたが、この中にはドル建ての個人年金の積立なども含まれており、全部が全部、生活に必要な金額というわけではありません。それにしても結構な支出でびっくりしました…。しかし家計簿を継続してつけていたので、年間を通じてどれくらいの支出が必要なのかがわかります。現金で使ったお金(生活費)と、カード払いした金額(クレジットカード)の2つだけしか記録していませんが(笑)

 

次に収入の方ですが、我が家の収入はこんな感じです。

 

ぐるぐるねこ男

 

預金残高は本日のリアルな数字です。不労所得として、屋根の上のソーラーパネルが作る電気を売って毎月2,000〜3,000円、そして時々アドセンス広告収入(9,000円くらい)がありますが、基本的には給料95万円が我が家の大きな収入になります。という訳でざっくりとした収支は、

 

950,000円ー653,000円 ≒ 30万円

 

のプラスになります。預金ゼロだと何かあった時にヤバイので、毎月10万円くらい預金として残すとすると、毎月投資できる金額は30ー10=20万円になります。米国株がせっかく暴落してくれているので、この20万円を毎月投資して、中長期的に資産を増やしていこうと思います。本日はあくまでも個人的なメモ記事でした^ ^

 

*****

<本日のブッダの言葉>

人がもしも悪いことをしたならば、それを繰り返すな。悪事をこころがけるな。悪がつみ重なるのは苦しみである。

『ブッダの真理のことば 感興のことば』中村 元 訳より

f:id:guru2-neko-otoko:20220227110408j:plain

それではまた^ ^